初心者でも簡単な銀行カードローンの借入・返済方法

更新日:2018/09/27

「銀行カードローンを利用したいけど、なんだか難しそう」
「金利とか利用限度額とか言われても、そもそもどうやって使うのかすらわからない」

銀行カードローンを利用したことがなく右も左もわからない方の中には、商品への興味はあっても、難しそうだからという理由で利用を諦めている人もいらっしゃるでしょう。
銀行からお金を借りると言うと、窓口に言って難しい申請手続きをして・・・と思われるかもしれません。

nayami_wakaranai_lady

しかし、銀行カードローンとはそのような難しいやりとりを省いて、誰でも気軽にお金を借りられるように改良されたローンなので、使い方がとてもシンプルです。

今回は、そんな銀行カードローン初心者に向けて、融資の借入方法・返済方法についてわかりやすくご説明します。

銀行カードローンもATMを使えば24時間借入可能

銀行カードローンと一概に言ってもたくさんの商品があり、サービス内容は商品ごとに異なります。
しかし、借入方法・返済方法といった基本的なな使い方には、どの商品もさほど違いありません。

まず、銀行カードローンからお金を借りるときは以下の3つの手段を使います。

銀行カードローンの主な借入方法

・ローンカードを使ってATMから借入
・銀行振込による借入
・自動融資を利用した借入

3つめの「自動融資」という言葉は聞き慣れない難しい言葉ですね。
この「自動融資」については後ほど丁寧に解説しますので、まずは「ATMによる借入」と「銀行振込による借入」についてご説明しましょう。

ATMから借入

銀行カードローンに限らずカードローンの最もメジャーな借入方法は、ATMから融資を引き出す方法です。

具体的な要領はご自分の普通預金からお金を引き出すときと同じです。
ATMないし提携ATMに行き、ローンカードを入れて、暗証番号と希望借入額を入力するだけです。

ATMからお金が出てくるので、お金を受取り、後は好きな用途に使用します。

ATMを介した借入方法の強みは、ATMの営業時間内であれば24時間365日利用できるということです。

銀行と聞くと「平日しか利用できない」印象を持たれている方も多いと思います。

tokei_clock_watch

しかし、例え銀行ATMの営業時間外であっても、コンビニなどの提携ATMを利用していつでも借入できるので安心です。

銀行振込による借入

もう1つの借入方法は、銀行振込による借入方法です。

この方法では、カードローン会社が利用者の任意の口座(普通預金口座など)に融資を振り込んでくれるため、現金の引き出しには普段お使いのキャッシュカードを使います。
よって、銀行振込により融資を受取る場合には、ローンカードは不要です。

カードローン会社への振込融資の申請は、インターネットや電話を媒体にして行います。

woman_pc

インターネットから振込融資を申請する場合には、カードローン会社の公式HPから会員ページを利用するかネットバンキングを利用するかのいずれかによって行います。

ネットバンキングの場合ですと、用意された振込融資の申請画面から必要事項を入力して手続きを行えば、利用者の代表口座に融資が振込まれます。

一方で電話で融資の振込申請をする場合には、カードローン利用者専用の問い合わせ番号を利用し、担当者や自動音声の案内に従って、電話口で申請手続きを行います。

融資の口座振込に対応している銀行カードローン

商品名 口座振込
(ネット受付)
口座振込
(電話受付)
楽天銀行スーパーローン
住信SBIネット銀行カードローン ×
オリックス銀行カードローン
みずほ銀行カードローン ×
じぶん銀行カードローン

ATMから借入するときと違って、振込融資を受けるためには「申込受付日・受付時間」に注意が必要です。

銀行カードローンには、ほぼ24時間即日融資が可能な銀行カードローンもあれば、みずほ銀行カードローンなどのように平日の0時00分~15時00分までに振込申込を完了しなければ即日融資が受けられないという銀行カードローンもあるからです。

特に、これから銀行カードローンに新規申込される方が銀行から即日融資を受ける場合は、ATMを利用されるほうが確実に即日融資が受けられると言えます。

自動融資とは何か

自動融資は、別名、自動貸越やバックアップなどとも言われます。
ATMや銀行振込による借入とは性質が全く異なり、自動融資は、利用者が逐一申込手続きを踏まなくても、融資の振込が自動的に行われる借入方法です。

例えば、今日があなたの公共料金の引き落とし日だとしましょう。
あなたは、0時までに公共料金分の13,000円を普通預金口座に用意しておかなければなりませんが、そのことを忘れていたために、口座の残高が3,000円しかなかったとします。

man_odoroki

ここで自動融資サービスを利用していれば、公共料金の引き落としに合わせて、勝手にカードローンの利用残高から10,000円の融資が振込まれ、公共料金の引き落としは無事完了します。

自動融資とは、このように利用者の口座に必要分の残高が不足しているときに、その不足分が自動的にカードローン残高から補充されるというシステムです。

自動融資はうっかり忘れが多い人にとっては便利な借入方法であり、同時に、利用者の知らぬ間にカードローンの利用残高が膨らんでしまうという危険性も孕んでいる借入方法です。

銀行カードローンの約定返済には口座振替が便利

銀行カードローンでお金を借りたら、計画的な返済が重要になります。

銀行カードローンの返済方法は以下の3つです。

銀行カードローンの主な返済方法

・ローンカードを使ってATMから任意で振込返済
・ネットバンキングから任意で振込返済
・口座振替による自動で振込返済

ATMやネットバンキングから任意で振込返済

ATMやネットバンキング・電話を利用しての振込返済のやり方は、借入の時と同じ方法です。
利用者は、カードローン会社が指定した口座宛てに返済分を任意で振込みます。

ATMから返済を行うのであれば、お近くのATMに行って、ローンカードを利用して返済額を振込みます。

一方、ネットバンキングや電話から返済する場合は、ローンカードも使わずに自宅にいながら返済額の振込み手続きができるため手軽で便利です。

kuturogu_living_woman

振込みに必要な口座番号は、銀行の会員ページなどで確認しましょう。

なお、銀行カードローンによっては利用者が任意で行う口座振込による返済には対応していないところもあるので、あらかじめご確認下さい。

銀行カードローンで利用可能な返済方法

商品名 ATM 口座振込
楽天銀行スーパーローン
住信SBIネット銀行カードローン ×
みずほ銀行カードローン ×
じぶん銀行カードローン ×
口座振替による振込返済

ATMやネットバンキングなどを使った振込返済では、利用者がその都度手続きをしなければなりません。

一方で、銀行カードローンの返済を口座振替にて行う方法は、毎月決められた返済日に利用者の代表口座から自動で返済分が引き落とされるため、返済のうっかり忘れ防止に役立ちます。

woman_smile

融資を返済するときには月に一度、決められた日に決められた額を必ず返済するのがカードローンのルールです。
ローン用語ではこの「決められた返済日」を「約定日」と言い、「決められた返済額」を「最低返済額(または最少返済額)」と言います。

先ほど、約定日は「月に一度」と言いましたが、中には「35日に一度」の間隔で設定している金融機関もあります。

また、利用者の任意で約定日を設定できる金融機関もあります

給料日後に約定日を設定すれば、通帳残高が不足する心配も少なく済みますね。

約定日を選べる銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン 毎月1日/12日/20日/27日
オリックス銀行カードローン 毎月10日/月末
じぶん銀行カードローン 利用者の自由に指定
三井住友銀行カードローン 毎月5日/15日/25日/月末

一方で最低返済額は、銀行カードローンの利用残高に比例して変動していきます。

利用残高に比例する最少返済額について

一方で、利用残高に応じた毎月の最低返済額はあらかじめ銀行カードローンごとに決められており、最低返済額の詳細はカードローンの商品概要説明書などに記載されています。

例として以下の表をご覧下さい。

みずほ銀行カードローンの最低返済額

前月10日のご利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月のご返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超 9万円

これはみずほ銀行カードローンの最低返済額を示した表で、みずほ銀行の公式HP上で確認できます。

表のとおり、仮に利用残高が2万円のとき、最低返済額は1万円です。
利用残高が101万円であれば、約定日には最低でも2万円は返済しなければなりません。

家賃、公共料金の支払い、生活費、スマートフォン代などを考えると、カードローンの返済に毎月1万円や2万円とられるのは結構しんどいですね。

money_no

対して、楽天銀行スーパーローンの最低返済額を見てみましょう。

楽天銀行スーパーローンの最低返済額

rakuten_saiteihensai01

みずほ銀行よりも利用限度額が細かく分類されています。

楽天銀行スーパーローンであれば、利用残高が10万円以下の場合ですと、約定日には最低3,000円を返済しておけば問題ないことになります。

3,000円くらいであれば、退社後に飲みに行くのを1回我慢すれば済みますね。

カードローンの利用予定額が小額の人にとっては、みずほ銀行カードローンよりも楽天銀行スーパーローンのほうが使いやすいと言えるでしょう。

銀行カードローンの最低返済額の目安

商品名 利用残高10万円以下 利用残高100万円超
楽天銀行スーパーローン 2,000円 20,000円
住信SBIネット銀行カードローン 2,000円 20,000円
オリックス銀行カードローン 7,000円 30,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円 20,000円
じぶん銀行カードローン 2,000円 16,500円
三井住友銀行カードローン 10,000円 20,000円

このように、約定日に最低返済額を返済していくことを「リボ払い」と言います。
詳しい説明は割愛しますが、銀行カードローンでは多くの場合「残高リボルビング方式」という方式にのっとって、最低返済額が算出されています。

利用残高が最低返済額以下の場合

カードローンの返済が進むと、最終的には金融機関の定める最低返済額よりも、カードローン利用残高のほうが金額が少ない状態になります。

このような場合には、もちろん最低返済額分ではなく、利用残高分だけ返済すれば良いです。

「貸越元金への利息の組み入れ後の残高」とは

先ほどのみずほ銀行カードローンのように、銀行カードローンの種類によっては最低返済額の表に「貸越元金への利息の組み入れ後の残高」という表記があります。

mizuho_saiteihensai02

この「貸越元金への利息の組み入れ後の残高」とは、文字通り「元金に利息を足した残高(=元利の残高)」という意味です。

ganri

最低返済額の表の「利用残高」とは、多くの銀行カードローンでは「元金の残高」、つまり利息を含めない残高を指しますが、中にはみずほ銀行カードローンのように、元利の残高を指しているカードローンもあります。

利用残高の欄に「貸越元金へ利息を組み入れた~」という表記がある場合には、利用残高とは元利の残高を表しているのだと認識しておきましょう。

約定返済だけではダメ!なるべく繰上返済も行う

先ほどご説明した通り、口座振替では銀行カードローンのルールである約定返済を自動的に処理してくれます。
約定返済を忘れずに行うためには、この口座振替を活用されることをおすすめします。

なぜなら、仮に約定返済を滞納してしまうと、全銀協やJICCあるいはCICといった信用情報機関に利用者の事故情報が記載されてしまい、いわゆるブラックリスト入りになる可能性があるからです。

無職の男性

ただし、銀行カードローンの返済は、約定返済をそつなくこなすだけでは十分とは言えません

約定返済だけでは返済期間が長期化してしまいますし、また、カードローンの利息は日割りなので、完済までに日数がかかればかかるほど、利息の支払総額も比例して膨らんでしまいます。

返済総額を減額するためには、繰上返済を上手く利用して返済をなるべく早く終わらせることが重要になります。

○繰り上げ返済とは?
毎月1回の約定返済とは別に、利用者の任意の額を、利用者の好きな時に返済すること。
繰り上げ返済のタイミング・方法

繰り上げ返済は、ボーナスなどでまとまったお金が手に入った時や、財布に余裕がある時など、無理のないタイミングで行いましょう。

繰り上げ返済の方法は、ATMやネットバンキングからの銀行振込です。

口座振替は約定返済に、ATMやネットバンキングからの銀行振込は繰り上げ返済に、それぞれ利用されるのがおすすめの返済方法です。

繰り上げ返済では利息の返済はできない

繰り上げ返済で注意しなければならないことは、繰り上げ返済で返済できるのは「元金だけ」ということです。

利息の返済は約定返済のときにしかできません。
繰り上げ返済にて借入残高を完済してしまっても、利息分の返済が残っている場合には完済扱いにはならないので注意しましょう。

woman_peke

ただし、安心していただきたいのは「借入残高が0円であれば、それ以上利息は増えない」ということです。
当然、利息に利息が付くようなことは起こりません。

利息の返済方法は、銀行振込によって行うか、店頭窓口にて担当者に直接現金で返済するかのいずれか
です。

借入・返済時には手数料に注意

ATMから借入・返済を行うときには、ATM利用手数料に注意が必要です。
手数料といえば100~200円といった小額のケースが多いですが、塵も積もれば山となるです。
借入・返済にかかる手数料も、カードローンの返済総額の一部と考えましょう。

PAK75_toreinookane20140305

銀行カードローンの中には、ATM・提携ATMともに利用手数料が無料という商品もあります

銀行カードローンのATM利用手数料

商品名 自社ATM
手数料0円
コンビニの提携ATM
手数料0円
楽天銀行スーパーローン 専用ATMなし
住信SBIネット銀行カードローン 専用ATMなし
オリックス銀行カードローン 専用ATMなし
みずほ銀行カードローン ×
イオン銀行カードローン 提携ATMなし
三井住友銀行カードローン
じぶん銀行カードローン 専用ATMなし

また、表に記載があるとおり、ネット銀行カードローンの多くは実店舗を持たないため、専用ATMも持っていません。
ネット銀行カードローンを利用するときには、コンビニATMなどが手数料無料で使えるのかどうかを把握しておくことが大切です。

まとめ

銀行カードローンは個人が気軽に利用できるように改良されたローンなので、その借入方法・返済方法はいたって簡単です。

借入の時は預金口座からお金を引き出す要領で融資を受けられますし、返済のときは口座振替に設定しておけば毎月自動で引き落とされます。

銀行といっても、ATMを利用すれば土日祝日問わずに融資を受けられるのがありがたいですね。

man_tokei

このほかに、借入・返済に関して不明な点があれば銀行に問い合わせてみましょう。
銀行のオペレーターは些細な相談でも丁寧に対応してくれるので安心です。

みずほ銀行カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短翌日
  • 楽天銀行カードローンなら口座開設の必要なし
  • 年率1.9%~14.5%だから借りやすい
  • コンビニATMの手数料無料
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加