銀行カードローンの選び方と比較ポイント

更新日:2018/06/06

ひところは、生活費に困窮したときに助けになってくれるのは、サラリーマン金融(サラ金)や街金などの消費者金融や信販会社からのキャッシングが中心でした。

ですが、最近ではメガバンクからネット銀行まで、銀行系の金融機関も次々にカードローンのサービス提供を開始しています。

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いで言えば、消費者金融などの貸金業者を規制する貸金業法では「総量規制」というルールで借入限度額が契約者ご本人の年収の3分の1までに規制されています。

しかし、銀行法に基づく銀行カードローンは貸金業法および総量規制対象外となります。

そのため、銀行カードローンではより高い借入限度額で契約することができ、また、本人所得がない専業主婦なども配偶者に安定所得があれば借りられる銀行もあります

スマホで申込

銀行カードローンの審査基準は消費者金融や信販系のカードローンと比較すると厳しめなものの、金利は比較的低めなので利用しない手はありません。

しかし、一口に銀行カードローンと言っても、すでに多くの銀行がカードローン業務を行っています。

この中から自分に最適なものをいきなり選ぼうとしても、何から手を付ければ良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、銀行カードローンの比較を通じて選ぶポイントを絞って、おすすめの銀行カードローンを紹介します。

銀行カードローンを選ぶポイントは?

どの銀行カードローンがピッタリなのかは、資金使途や状況に応じて人によって異なるはず。

では、銀行カードローンを選ぶポイントはどこにあるのでしょうか?
主な視点は以下の6つです。

利用限度額

高額な借入を予定していないのであればさほど気にしなくて良いですが、希望借入額が高額になる可能性がある場合、注意が必要です。

またお金を借り過ぎると返済期間・返済回数が長引くというリスクもあります。

金利

低ければ低いほどメリットのある金利ですが、金利水準(実質年率)は各社によって異なります。

銀行カードローンは低金利での貸し付けを行ってくれる分、審査も厳しくなる傾向があります。

ただし、消費者金融並みの上限金利を設けている銀行カードローンもあるので注意が必要であり、理由として適用金利は借入限度額が高くなればなるほど金利は低くなります。
実際どの程度の金利になるのかは契約額も含めて確かめておく必要があります。

収入証明書類が不要となる限度額

収入証明書類

審査申込時に収入証明書類の提出を省略して借入れできる限度額です。

所得証明書を用意する時間がない人には大切な指標となりますが、返済実績がない初回契約では契約額も低めになることが多いため、あまり意識する必要はないと考えられます。

審査時間

即日融資を希望しているのであれば、なるべく最短審査スピードが早いものを選んだほうが良いでしょう。

最短30分審査なども利用者の申込状況などの影響を受けるため、少しでも早く申し込むことが重要となってきます。

ATM手数料

短期間での少額利用あれば、利息金額よりもATM手数料による出費のほうが大きくなる可能性ですらあります。
返済総額を減らすためにも余計な利用手数料は無料に越したことはないでしょう。

また、利用できる提携金融機関のATMなど利用可能な時間帯や設置場所なども事前に調べておくことが大切です。

その他のサービス

利息が一定期間つかない「無利息期間」のような独特のサービスで他に抜きんでている銀行カードローンもあります。

あなたにおすすめの銀行カードローンは?

それではいよいよケーススタディに入る前に、先ほど紹介した6つのポイントごとに、5つの銀行カードローンを比較してみました。

bankcard_itiran

上の表をもとに、ご要望ごとにおすすめの銀行カードローンを紹介していきましょう!

利用限度額が大きいカードローンをご要望の方

そんなあなたには、最大800万円と限度額の大きいみずほ銀行カードローンがおすすめです。
ただし、前提としてご自身の返済能力を上回るような借入は厳禁です。

低金利で借りたい方

利用限度額が大きくなるほど適用金利が低くなるのがカードローンです。

ですから、金利については最低金利と最高金利の両方に注目する必要があります。

少額の利用なら最高金利に注目して12.475%のりそなプレミアムカードローン、高額の利用なら最低金利に注目して1.7%のオリックス銀行カードローンがおすすめです。

住宅ローン

また、銀行ならではの金利優遇サービスを設けている銀行もあります。

例えば、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合、カードローン金利で-0.5%の金利の引き下げを受けることができます。

所得証明書を用意できない方

説明したように、初回から50万円を超えるような高額での借入ができる人はいないと言っていいぐらいです。
消費者金融では50万円以上の契約にならなければ収入証明書の提出が必須とならないと法律でも定められているので、初回のカードローン契約では収入証明書類の提出不要となることがほとんどだと言えるでしょう。

審査時間

上記5行では大差がみられません。

提携ATM手数料

提携ATMが最も多いのは、オリックス銀行カードローンです。郵便局やコンビニにとどまらず、ライバル銀行のATMの利用も無料なのは驚くべきことです。

ですが、お勤め先やご自宅の近くに提携ATMがあるのであれば、さほど気にすることではないでしょう。

いかがでしょうか?
一口に銀行カードローンと言っても、サービスの細かいところを比較するとずいぶんと差があることを理解していただけたでしょうか?

三菱UFJ銀行カードローン

なお、三菱UFJ銀行カードローンは最後のおすすめには一度も登場しませんでしたが、とはいえ銀行最大手はこの三菱UFJ銀行です。
お金を借りるにあたって、大手ならではの安心感や満足度を得たいというのであれば、やはり選択肢に入れるべきなのでしょう。

ただ、注意点として三菱UFJ銀行カードローンは口座不要で利用できるものの、口座振込や口座振替で借入・返済を行う際には自行の口座開設をする必要があります。

銀行カードローン契約も無人契約機を活用

無人契約機は消費者金融だけが設置しているものではなく、銀行でも店舗窓口ではなく契約機を活用してカードローン契約することができます。

・三菱UFJ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン

上記の3行が店舗や街中に無人契約機を設置しているので、必ずしも窓口でカードローンへの手続きをする必要もないのです。

mujin_ban_lake

無人契約機を活用するにあたっての一番大きなメリットは、土日祝日など店舗の休業日にでも契約手続きを完了させることができる点と言えます。

無人契約機の営業時間

商品名 平日 土曜 日曜
三菱UFJ銀行 09:00~20:00 10:00~18:00
※祝日も同じ
10:00~17:00
新生銀行 08:45~24:00 08:45~24:00 08:45~22:00
※祝日も同じ
※第3日曜は19時まで
三井住友銀行 09:00~21:00 09:00~21:00 09:00~21:00

審査通過と契約内容の同意を済ませば、その場でカード発行してもらえるなど、土日祝日も最短で即日融資を受けられる銀行カードローンとして高い人気があります。

この記事がご自身にピッタリの銀行カードローン選びの一助になれば幸いです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率 1.8%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 -
  • テレビ窓口でカード発行が可能
  • 銀行トップクラスの低金利
  • 三菱UFJ銀行の口座不要
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む

みずほ銀行カードローン

実質年率 年2.0%~14.0%
限度額 最高800万円
審査時間 -
  • 来店不要のWEB完結申込
  • 業界トップクラスの限度額・低金利
  • 選べる二つのカードタイプ
詳細はコチラ
今すぐスマホで申込む
このエントリーをはてなブックマークに追加