無人契約機検索サイトってどんなサイト?

初めまして!当サイトのキャラクター「アトムくん」です!

このサイトは、急ぎで申し込みをしたい方に便利な、お近くの契約機を簡単に検索できるデータベースを搭載!

プロミスやアコム、モビットなど複数のローン会社の契約機を探し出せる日本で唯一※の契約機データベースサイト(登録契約機数3,657件)です。

※自社調べ(15年7月末時点)

また、皆さんのカードローンに関するお悩みに少しでも役立つ情報を届けるべく、様々なテーマについて業者別にピックアップして掲載しています。

ぜひ、お近くの契約機の検索と各業者の情報収集にお役立てください!

そもそも無人契約機ってどんなメリットがあるの?

予期せぬ事態でどうしても今日中にお金が必要になった場合、無人契約機を使えば週末や夜でもカードローンの契約手続きが可能となります。

対応時間内で手続きを済ませればその場で即日カード発行してもらえるので、ローンカードがあれば近くのコンビニなどに設置されているATMから自キャッシングすることができます。

無人契約機を設置している主な業者は、プロミス・アコム・モビット・アイフル・三菱東京UFJ銀行・レイク(新生銀行)・三井住友銀行など。

借入先 無人店舗数
※店舗数は変動あり
rank1_mini プロミス 1,051店(2016/04)
rank2_mini アコム 1,046店(2016/04)
rank3_mini アイフル 869店(2016/03)
レイク(新生銀行カードローン) 758店(2015/11)
三菱東京UFJ銀行カードローン 627店(2016/05)
モビット 約400店(2016/05)

意外かも知れませんが、消費者金融だけでなく銀行カードローンでも無人契約機を設けており、銀行の店舗窓口が休業している土日祝でも銀行カードローンへの契約手続きが可能となっています。

信頼性の高いメガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、店舗のATMコーナーにテレビ窓口(無人契約機)を設置することで土日祝も契約手続きができます。

一方、元消費者金融のレイク(新生銀行カードローン)は、街中に無人契約機を設置していることから誰にも会うことなく、自分のタイミングで契約できる点が大きな魅力です。

消費者金融の無人契約機も含めて営業時間が一番長いのもレイクの特徴であり、平日・土曜に関しては8時45分~24時まで営業しているので残業後でも立ち寄って契約手続きができます。
※即日融資を希望なら21時までに受付が条件

日本の金融機関の代表格とも言える銀行が提供するカードローンですから、言わずとも高い信頼性や安心感があり、何よりも消費者金融と比較しても低金利で貸付を行っている銀行カードローンも多くあります。

銀行カードローンは年収1/3以上は借りられない総量規制の対象外であることからも、所得額で限度額を決められることなく、配偶者に安定所得あれば専業主婦の方も借入ができます。

平日15時までしか銀行窓口は営業していないために手続き時間も限られていると思われがちですが、無人契約機を設ける銀行にとっては関係なく、消費者金融の融資スピードと同等に近い契約体制で最短で即日融資も可能としています。

無人契約機のオススメ理由

1.誰にもばれずに契約できる
2.即日でローンカード受取
3.自宅への郵送物なし
4.土日祝や夜も契約手続き可能
5.ネット申込で時間短縮

なんと言っても無人契約機のメリットは、スタッフ不在となるため誰にも会わずに手続きできる点と営業時間の長さと言えます。

周囲には内緒で手続きできる秘密は無人契約機の豊富な設置数。

業者にも寄りますが、例えば、プロミスであれば1,000台を超える無人契約機を全国各地に設置しています。

主要道路沿いや駅前ビルに無人契約機は設置されており、建物内に入ってしまえば外部から見られる心配もありません。

週末も含めて20時を超える営業時間の長さの暗くなってから立ち寄ることもバレにくくするポイントです。

申し込みの流れ

手順①

契約先の業者が決まったら、まずはネット申込(パソコン・スマートフォン)からスタート。

最短30分審査回答などもありますが、審査状況によっても変わるため、ネット申込をして無人契約機での待ち時間を短縮しましょう。

体験談としてネット申込をしてからの無人契約機での手続き時間は30分ぐらいでした。

無人契約機での申込も可能ですが、待って待って結果は審査落ち!では時間の無駄ですので、無人契約機に向かう前にメールか電話で事前審査の回答を受け取っておくことがポイントです。

手順②
運転免許証

審査回答を受け取った後は提出書類を持って近くの無人契約機へ向かいます。

ただ、即日カード発行を希望する場合、無人契約機には営業時間内ギリギリでなく、時間に余裕を持って向かうことが重要です。

営業時間と審査対応時間は異なり、業者にもよりますが、21時までには契約機で手続きを開始しておかないと即日融資は難しくなります。

「近くの契約機がメンテナンス中だった」「先客が手続きを始めたばかり」など予期せぬ事態も考慮しておきましょう。

また、無人契約機では必要書類を提出(スキャン)しなくてはならないので本人確認書類や収入証明書類は必ず忘れないようにしなくてはなりません。

書類がないと自宅まで取りに帰ったりする時間ロスが発生してしまいます。

手順③

無人契約機でカード受取を済ませておけば、後日、自宅への書類郵送(契約書・ローンカードなど)もありません。

手に入れたカードを使えば隣接する自社ATMや提携ATMから限度額の範囲で自由にキャッシングをすることができるようになります。

カードローンは入会費や年会費も無料なので、備えとして1枚持っておけばお金が必要になった際にもスムーズに借入することができます。

無人契約機での手続きに必要な書類

カードローンの契約に必要不可欠なのが本人確認書類であり、主に運転免許証の提出を希望している金融機関がほとんどです。

もちろん、免許証の交付を受けていないからと言って、カードローンが利用できないという訳ではありません。

運転免許証を持っていない場合には健康保険証やパスポートで本人確認を行ってもらうことも可能ですが、ただ、顔写真や住所の記載がある運転免許証を提出することが、金融機関に一番良い印象を持ってもらえるのではと考えられます。

というのも、実は無人契約機にもカメラが設置されており、手続き中の内部の様子は審査担当者から確認されています。

本人の手続き態度、そして顔の確認までキチンと行われているのです。

他人になりすまして申込する行為は問題外ですが、顔写真とカメラで同一人物であることを証明するのは決して審査のマイナス要素にはならないでしょう。

収入証明書類

もう一つの必要書類が、自身の所得を証明するための収入証明書類です。

年収が記載されている源泉徴収票や確定申告書を提出できればベストですが、月々の給与明細書を2ヶ月分などを提出することで安定所得と認めてもらえることもあります。

しかし、収入証明書に関しては提出条件が設けれているため、必ずしも契約時に用意しなければならないという訳ではありません。

・1社から50万円超えの契約
・他社借入総額が100万円超えの契約

上記は消費者金融や信販会社などの貸金業者を対象とする貸金業法に定められている収入証明書の提出条件です。
※金融機関によって提出条件は異なります

50万円以下の初回契約であれば収入証明書不要で借りることができますし、銀行カードローンであれば限度額100万円以上にならない限りは収入証明の提出を求められることもありません。

無人契約機に来店する前に

お急ぎで即日融資ご希望なら必見

プロミスなら最短30分審査

WEBから申込で最短30分で審査/最短1時間で融資が可能なプロミス。無人契約機を活用すればその場でカードを受け取ることもできます。

スタッフ不在であることから無人契約機は土日祝を含めて9:00~22:00(一部21:00もあります)まで営業しており、全国各地に設置された1,154箇所(14年3月末現在)の契約機が利用できます。

また、同じSMFGグループの三井住友銀行が設置しているローン契約機でもプロミスへの申込手続きができ、利用可能な無人契約機が業界一なのもプロミスです。

借入まで最短1時間のアコム

アコムの無人契約機むじんくんは8:00~22:00(土日祝含む)まで営業しているので都合に合わせて手続きできます。

メガバンクも含む、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは信頼性の高い大手消費者金融であり、申込から融資まで最短1時間のスピード対応と高い新規貸付率が魅力。

むじんくんに立ち寄る前にまずはアコムHPからネット申込で審査へ。

バンクイックは最短40分カード発行

メガバンクの高い信頼性がある三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、三菱東京UFJ銀行ATMコーナー等に設置されているテレビ窓口(無人契約機)を使えば平日15:00以降や土日祝も申込み手続きが可能です。

テレビ窓口では、運転免許証があれば最短40分でカード発行してもらえます。

手続きに時間がかかる印象のある銀行も無人契約機があるバンクイックなら最短で即日融資も可能となります。

即日融資を受けるための申込時間

申込の受付時間について

無人契約機の営業時間と審査対応時間は異なるので注意してください。

プロミスやアコムでは、21時までを審査対応としており、それ以降の申込になると翌営業日の審査回答となるため、即日融資を受けることが困難になります。

また、無人契約機の営業時間内ギリギリに立ち寄っても、先客が手続きをしていたり、審査時間が長引く可能性もある点には注意。

借入が必要になった際には、少しでも早くネット申込をして、無人契約機に向かうことがポイントとなります。

カード会社 営業時間
プロミス 無人契約機
9:00~22:00(一部21:00)まで受付
アコム 無人契約機
8:00~22:00まで受付
バンクイック テレビ窓口で受付
9:00~20:00(平日)
10:00~18:00(土祝)
10:00~17:00(日曜)
モビット 無人契約機
8:00~21:00
レイク 無人契約機
8:45~24:00(平日・土)
8:45~22:00(日祝)
8:45~19:00(第3日)

対象口座をお持ちの方に便利なサービス

三井住友銀行口座・ジャパンネット銀行口座をお持ちの方

プロミスから三井住友銀行、ジャパンネット銀行への口座振込なら業界最速振込サービス「瞬フリ」が利用できます。

土日祝に関係なく24時間最短10秒での振込サービスなので深夜や週末も関係なく融資を受けることができます。

また、プロミスでは同じ三井住友銀行グループの三井住友銀行の提携ATMでも借入・返済とも手数料無料で利用することができます。

楽天銀行口座をお持ちの方

アコム

アコムでは楽天口座銀行があれば、24時間対応で最短1分の即時振込サービスが受けられます。

手続きもインターネット・スマートフォン・電話から、いつでもどこでも手数料も無料で行うことができます。

来店不要のネット契約

来店不要のカードレスで即日振込

仕事中の方や外出が難しい方にオススメ。ネット契約ができる金融機関であれば、店舗への来店不要です。

プロミスなら「WEB」での契約手続きにおいて、審査後に返済方法「口座振替(口フリ)」を選択すれば、カード郵送の有無を選べます。

つまり、郵送物なし(カードレス)のWeb完結が可能。

平日14時までにインターネット上で契約内容を確認すれば当日振込にも対応です。

郵送物・電話なしの「WEB完結」

モビットでは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座があれば「WEB完結申込」で全てインターネット上で手続きすることができます。

WEB完結なら自宅への郵送物や職場への電話連絡もないのでプライバシーを守りながらスピーディな契約手続きができます。

カードレス契約となるので借入は振込融資、返済も口座振替と、全て三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座で完結することができます

振込融資の後は、いつもと同じようにキャッシュカードでATMからお金を引き出しできるので、誰かにキャッシングがバレる心配もありません。